2017年10月04日

パソコンの移行でてんやわんや

 3ヶ月ほど前に買った新しいパソコンを、1週間前にやっと古いパソコンと取り換えました。それからずっとデータの移行等をやっています。最初は3日ぐらいで終わる想定だったのですが、1週間ほど経った今もまだ終わっていません。OSがWindows10に変わったために、いろいろとトラブルが生じ、なかなか前に進みません。
 最初のトラブルは無線LANで送っている2台のノートパソコンがネットにつながらなくなったこと。あれこれ調べたけれど原因不明。もしや無線LANの線がきちんとささっていないのではないかと調べたら、線が抜けていました。これではつながるはずがない。大ちょんぼで家人から呆れられました。
 そのあともOSが変わったために使えなくなったソフトが次々出てきて、その対処にあたふた。特に今まで使っていたメールソフトが使えなくなったことが痛手でした。別のフリーソフトを導入したのですが、見にくいことこの上ない。しかしほかに同様のものがないので、これに慣れるしかありません。
 もうひとつ、今頭を抱えているのが、PDFの作成ソフト。これも使えなくなってしまいました。ガーネットや空とぶキリン社の版下作成に使っているものなので、これは一大事。メーカーではWindows10でも使えると書かれているのに、まったく使えず。いろいろと調べたけれど、未だ原因不明。これはもう買い換えるしかないなと諦めました。
 他にも未解決の事柄がいくつか。完全に移行が終わるまでまだ数日かかりそうです。
 あれこれとやらなければならないことがたくさんあるのに、どれも手つかずのまま。

 数日前から歯茎が痛み始めました。これはストレスが高じたためかもしれません。

 ガーネットの発行も大幅に遅れそうです。同人並びに読者の皆様には申し訳ないですが、上のような事情故、ご了解ください。
 
posted by 高階杞一 at 12:17| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

うれしいサプライズ&病院&パソコン

 昨日、大学でちょっとうれしいサプライズがありました。
 3回生の授業で教室の扉をあけると、音楽が鳴っていて、女の子3人が歌いながら踊っていてびっくり。
 歌を聴くと、ハッピーバーセーツーユーと歌っています。何をしてるのと聞いたら、「先生、誕生日おめでとうございます!」との返事。
 どうして誕生日を知っているの?と聞くと、先週の授業の時、僕が言ったようでした。
 ひとりの子が「こないだ誕生日だったんです」って言ったので、「僕は明日」と言ったのを思い出しました。それでこんな迎え方をしようと3人で考えたようです。
 プレゼントまでもらいました。おしゃれなマグカップと小さなまるいドーナツの詰め合わせ。ドーナツの方はその場でみんなで食べました。
 1週間ほど遅れたけれどうれしい誕生日プレゼントになりました。みんないい子たちです(^^)。

 今日は午前中に泌尿器の病院へ行きました。
 前立腺癌の疑いで先週受けたMRIの検査結果の報告です。前立腺癌だったらどうしようと、ちょっと不安もありましたが、結果は異常なし。それを聞いてホッとしました。
 2ヶ月ほど前に出た血尿のため受診したのですが、血液検査の結果、前立腺癌の疑いを示すPSAという値が正常値より少し高いということで、まずエコー検査を受け、次にCT検査、最後にMRI検査になり、やっと結果が出た次第です。ずいぶんと長くかかりました。でも血尿の原因は不明のまま。あれは何だったのだろう?

 今年の初め頃からパソコンが不調で、電源をずっとつけっぱなしのまま、恐る恐る使っていました。そして6月の始めに新しいパソコンを買ったのですが、取り換えて設定などをする余裕がないので、今日までそのままにしていました。また忙しい時期に突入し、今しなければ12月以降になってしまうと思い、意を決し、取り換えることにしました。昨日までいろいろとデータなどの移行の準備をし、やっと出来る状態になったので、明日取り換えることにしました。一時的にメールなどがつながらなくなりますが、ご了解を。

誕生日プレゼント1 2017.9.26.JPG

学生がスマホでとって送ってくれたプレゼントの写真。

posted by 高階杞一 at 13:34| Comment(0) | 日記

2017年09月23日

柳波賞やら旧仮名やら

 柳波賞の応募原稿が2週間ほど前に送られてきて、その1次選考を行いました。今年の応募総数は1,900篇弱。去年が1,700篇弱。メールでの応募も受け付けるようになったからか、毎年増えていっています。
 応募作から一般の部・小中学生の部、それぞれ50篇ずつを第1次選考として選出します。さすがに2000篇近くともなるとけっこう時間がかかります。1週間ほどかかって先日、主催者に送りました。最終選考会は来月中旬。受賞にふさわしい作品があればいいのですが。
 選考作業のあとは、中断していた旧仮名の勉強を再開し、今日やっとそのまとめが終わりました。終わったといっても完全に頭に入ったというわけではなく、大まかな法則が分かったという程度です。法則から外れた例外も多く、全部完璧に覚えるのは至難の業です。これはもう使って慣れるより他にありません。慣れるため、このブログもしばらくは旧仮名で書こうかなんて考えています。読みにくい、という声が多々出るかもしれませんが。しばらくはお付き合いのほどを。

 昨日の夜、某氏からうれしいお知らせがありました。これはまだ正式発表前なので書けません。発表され次第、お知らせしたいと思っています。

posted by 高階杞一 at 23:30| Comment(0) | 日記

2017年09月18日

台風一過

 激しい風と雨を伴った台風も通り過ぎ、今朝は青空が広がっています。
 昨夜は台風の影響でどこかの電線でも切れたのか、突然の停電。ちょうどパソコンを使っていた時だったので、驚きました。真っ暗な中、懐中電灯でローソクを探してつけました。何もできないので、ローソクを囲んで一家4人(ホッピー、コッコを含む)じっとしていました。真夜中の停電なんてこどもの頃以来記憶にありません(こどもの頃はよく停電があったような……)。いつまで続くのかなあなどと話していたら、10分ほどで復旧しました。やれやれ。
 パソコンは大丈夫かなとおそるおそる電源ボタンを押すと、ちゃんと起動してくれて一安心。作業中のデータも直前に保存していたようで、助かりました。
 作業していたのはガーネットの編集部(高階)に届いた感想のまとめ。同人が全国各地に散らばっていて、顔を合わせる機会がないので、定期的にまとめて同人へ送っています。毎号送ればいいのですが、まとめる作業が大変なので、先延ばしにし、今回は77号から82号までの6回分。メールで来た感想ならコピペして済むのですが、郵送で来た分はいちいち入力するのでかなり時間がかかります。今回は全部まとめるのに丸2日かかってしまいました。停電が復旧した後、残りの分を打ち込み、何とか完了。すぐさまPDFに変換して同人へ送りました。
 早速今朝、同人のひとりからメールがあり、「(藤富さん)ずっと、81号まで感想くださっていたんですね。」と書かれていました。入力している時は気づかなかったのですが、確かに82号の感想はありません。82号のできあがってきたのが6月29日。すぐに発送したので、藤富さんの手元に届いたのは7月3日か4日。そして藤富さんが倒れて緊急入院したのが7月5日。感想をこちらに送るような状態ではなかったんだなと改めて思われました。
 毎号、ガーネットが出るたびに感想を送ってくださっていました。それがもう届かない。83号も84号も、それ以降も……。もう藤富さんの字が見られない。

posted by 高階杞一 at 12:34| Comment(0) | 日記

2017年09月13日

藤富保男さん、逝去

 昨夜(12日)、大学の授業の後、知人との飲み会の帰り、家人からの電話で藤富さんの亡くなったことを知りました。突然のことで、驚きつつ帰宅すると、郵便物の束の中に、奥様からの訃報のハガキが入っていました。それを見てさらにびっくり。亡くなられたのはなんと9月1日とのこと。葬儀も3日に済まされたと記されています。葬儀には伺いたいと思っていたのに、そんな前に亡くなられていたとは……。
 藤富さんの容態が悪いことは、2ヶ月ほど前、やはり奥様からのハガキで知っていました。癌の転移で7月5日の朝、緊急入院したとのお知らせ。意識も混濁気味とのこと。だからある程度覚悟はしていたことですが、やはり唐突でした。10月の中旬には柳波賞の選考会で上京するので、そのときにお見舞いに伺おうと思っていたのに……。
 藤富さんは自分にとって唯一師とも言える方です。最初の詩集『漠』に帯文を頂いて、それ以来40年近く、不肖の弟子にいつも温かいお言葉をくださっていました。

 最後にお目にかかれなくて、悔しい。

 89歳と16日の生涯。

 訃報のハガキの冒頭は次のように記されています。
「 冥土への道は坂道で 舗装していないンだ
 そんなつぶやきを残して9月1日午前8時12分 藤富保男は永眠いたしました。」

 いかにも藤富さんらしい辞世の言葉だと思いました。

posted by 高階杞一 at 00:41| Comment(0) | 日記