2017年04月17日

第3回びーぐる詩祭、終了。

 昨日は3回目のびーぐる詩祭がありました。場所は大阪・谷町六丁目の大阪文学学校内。
 急な開催だったので案内が行き届かず、参加者は少な目。15,6人位だったかな。それでもスタッフを入れると25人ほどになり、何とか形になりました。遠方から北爪満喜さん(東京、現投稿作品選者)、隅田有さん(東京、第1回びーぐるの新人)、北川朱実さん(三重)、白島真さん(岐阜)なども参加してくださり、ありがたいことでした。
 詩祭は3部構成で、第1部は座談会。高階、四元、山田の編集同人3名(細見は所用で欠席)に加えて、創刊以来詩集時評などで協力してもらっているガーネットの神尾和寿、表紙装幀の倉本修さん、そして今年度びーぐるの新人の黒田ナオさんの計6名で、びーぐるのこれまでのことや今後のことなどについてあれこれ75分ほど話しました。第2部は疋田龍乃介こと笑福亭智丸の落語。普段は口数が少ない方なのに、高座に上がると人が変わったように流暢に喋る。さすがプロだなと感心しました。第3部はオープンマイクによる詩の朗読。6人ほどが自作の詩を朗読し、無事に終了しました。
 懇親会は近くの居酒屋で。遅れてきた細見も加わり、3時間ほど。何を話したのか、あまり記憶に残っていないけど、お酒もたくさん飲んで、楽しい懇親会になりました。
 家には10時過ぎに着き、12時頃にフトンに入ったけれど、またもや目が覚めて、時計を見るとまだ2時半。それから眠れないので起きて、また寝酒を飲みつつ、結局、寝たのは5時過ぎになりました。

posted by 高階杞一 at 12:19| Comment(0) | びーぐる

2017年04月15日

「びーぐる」35号、刊行!

 「びーぐる」35号が出ました。明日行われる「びーぐる詩祭」に間に合わせるために、予定より5日ほど早い発行になりました。
 今号の特集は「詩と自由」。有働薫、神山睦美、佐藤弓生など9人の論客がさまざまな角度から論じています。
 拙作「セピア色のノートから」連載2回目は、松下育男さんを取り上げました。「詩芸術」に投稿された詩を2篇紹介しています。どちらも詩集には未収録。氏の特異な詩法の成立過程を知る上で重要な2篇ではないかと思います。ぜひ御一読を。
 今号から定期購読者への特典として「別冊付録」が付くことになりました。編集同人4名による詩のアンソロジーで、名付けて「The Beagles詩集」。1回目のテーマは「春」。計8作品を収めています。こちらもお楽しみに。

 詳細は山田兼士さんのホームページ(35号の目次)をご覧下さい。
 http://yamadakenji.la.coocan.jp/1beagle.htm
 定価1,000円(税込み)。発行所「澪標」。
 入手方法
 澪標に電話(06-6944-0869)またはメール(matsumura@miotsukushi.co.jp)で注文。

びーぐる35号表紙 (558x800).jpg

びーぐる35号別冊付録.jpg

posted by 高階杞一 at 12:36| Comment(0) | びーぐる

2017年04月13日

お花見

 昨日、今年はどこにも花見に行けそうにないと書きましたが、ふと近くに花見の名所があることを思いだして行ってきました。車で20分ほどの場所にある藤原山公園。自然の山を利用して造成した大きな公園です。
 平日の昼間だというのに、けっこう多くの人が花見に訪れていました。ベンチもたくさんあって、花の下、途中のコンビニで買ってきたおにぎりと鶏の唐揚げでお昼ご飯。車なのでお酒は我慢。
 ワンコたちは広々とした公園を散歩できるだけで幸せそうでした。
 今年もお花見ができてよかった。

 藤原山公園 http://www.kobe-park.or.jp/kouen_keikaku/index.php?id=68

 ずっと校正が続いていた「詩歌の植物」がやっと校了しました。正式タイトルは『詩歌の植物 アカシアはアカシアか?』。全228ページ。植物の写真もたくさん収めたので、「びーぐる」連載時よりはずっと分かりやすくなったと思います。発行は来月中旬。発行の際はぜひご購読を!

藤原山公園 花見 005.JPG

藤原山公園 花見 029.JPG

園内には桜がいっぱい

藤原山公園 花見 028.JPG

池(貯水池?)もあります。

藤原山公園 花見 009.JPG

うれしそうなコッコ

藤原山公園 花見 014.JPG

ホッピーもうれしそう

藤原山公園 花見 037.JPG

赤っぽいのはしだれ桜

藤原山公園 花見 031.JPG

池には錦鯉もたくさん泳いでいました。

藤原山公園 花見 043.JPG

早く行こうよ、とせかすホッピーとコッコ

藤原山公園 花見 054.JPG

空は青く晴れ、暑いぐらいの午後でした。

posted by 高階杞一 at 17:11| Comment(0) | 日記

2017年04月12日

新年度授業開始

 昨日から大学の新年度授業が始まりました。今年度からコマが3つ。最後の5限目が終わるのが6時過ぎ。家まで2時間ほどかかるので、毎週火曜日はハードな1日になりそうです。
 ただ昨日の5限目は2年のとき僕の授業を受けていた子ばかりだったので、特に自己紹介をしたり、基本的な詩の話をしたりする必要もなく、今年度の授業の進め方などを簡単に話し、後は雑談をして30分ほどで終わりました。
 東京の桜はもう落花盛んのようですが、我が家の高原は今が満開。今年はどこにも花見に行けそうにないので、ワンコたちの散歩のときに花見を楽しんでいます。レンギョウやユキヤナギ、ハナカイドウやハナズオウといった花も次々に咲き始め、やっと春らしくなりました。

posted by 高階杞一 at 11:16| Comment(0) | 日記

2017年04月05日

びーぐる編集会議&びーぐる詩祭

 昨日はびーぐるの編集会議がありました。場所はいつものように梅田の居酒屋。細見、山田の3人で2時間ほど、次号の特集や執筆者、さらに次々号の特集などについて話し合いました。
 今回も日本酒をかなり飲んだようです。帰りの電車、ちょうど来たばかりの快速に乗れたのはよかったのですが、途中の駅で席が空き、座ったのが運の尽き。いつのまにか眠り、1駅乗り過ごしてしまいました。家人から電話があり、起きたところがちょうど駅。寝ぼけ眼で駅の表示を見ると快速で1つ先の駅。慌てて飛び降りました。もし電話がなかったらもっと先まで行っているところでした。次の快速で1駅戻り、家に着いたのは10時頃。やれやれ。
 そのあとテレビを見たりメールのチェックをしたりして、12時頃フトンに入ったのですが、2時頃に目が覚めて、眠れないので起きて、本を読んだりし、結局寝たのは4時頃になりました。

 びーぐる同人の四元康祐がドイツから帰国するというので、急遽びーぐる詩祭を催すことになりました。日時は4月16日(日)午後3時から5時半。場所は大阪文学学校。今回は落語家になった疋田龍乃介君(芸名:笑福亭智丸)の落語も披露します。参加自由ですのでぜひご参加ください。
びーぐる詩祭2017.jpg
posted by 高階杞一 at 11:48| Comment(0) | びーぐる